無利息キャッシングJP~お金って利息なしで借りれるの?~

障害者がお金を借りる方法にはどういったものがあるのか

読了までの目安時間:約 2分

 

金融機関のカードローンを利用するのに必要な条件とは安定した収入と返済能力があるかどうかなので、障害者かどうかということは基本的には関係ないです。

つまり例え障害者であっても、その条件さえきちんと満たしていれば、金融機関のカードローンを利用するのには何の問題もないということです。

 

ただ障害者にはその障害の程度によって、普通に働くことができる人がいたり働くことができなかったりと収入に違いがでてきますし、障害によって就ける仕事も違うのでそこでも収入に違いがでてきます。

またその障害の程度によって貰える障害者年金などの社会保障の金額が変わるなど、個人の状況によって収入はかなりの差がでてきてしまうので、障害者だからという感じでひとまとめにできない部分もあります。

 

そこは一度金融機関などの審査を受けることにより、カードローンを利用できるのかどうかを判断するしかありません。

 

ただ金融機関の審査に落ちた人や、どう考えても落ちるだろうという人には、生活福祉資金貸付制度を利用するという方法もあります。

この生活福祉資金貸付制度とは、厚生労働省が管轄している低所得者を支援するための制度なのですが、その制度の特性上カードローンを利用できないような人でも利用することができます。

 

また障害者は障害者年金支給されていますが、それを担保に福祉医療機構などからお金を借りるという方法もあります。

ただどちらの方法でもお金は借りてる以上返す必要があるので、ある程度の収入は必要だということには注意しておくといいでしょう。

 

無利息キャッシングの知識   

この記事に関連する記事一覧