無利息キャッシングJP~お金って利息なしで借りれるの?~

キャバ嬢だからといって融資を断られることはありません

読了までの目安時間:約 2分

 

結論から言えば、キャバ嬢だから、夜の仕事をしているからという理由でお金を借りられないということはありません。

消費者金融業者のキャッシングを利用しようとするにしても、金融業者のカードローンを選ぶにしても、大切なのは申し込みをした人に借りたお金を返済する能力があるかどうかというところになります。

 

借り入れを申し込むと必ず行われるのが審査ですが、そこで安定した収入があるかを確認されます。

キャバ嬢として働いているということですから、その仕事でどのくらいの稼ぎがあるのか、年収はどのくらいかというところを見られるわけです。

 

審査で重要視されるのは収入の高さよりも安定にあります。月々一定額を稼いでいれば借り入れをしても返済が滞らないだろうと判断されますので、審査が通りやすいわけです。

逆に言えば、キャバ嬢としての収入に波があって安定していなければ信用度が低くなり、審査が落ちてしまう可能性も出てきます。
キャバ譲として働いている期間が長ければそれだけ信用が高くなるでしょうし、日雇いで単発でしか働いたことがなければ信用は低くなります。

同じ仕事であっても勤務形態で審査の通り具合が異なってくるのです。

 

水商売だから審査が通りづらいということはありませんが、借り入れをしたい場合にはなるべくキャバ譲としての実績をつけること、勤務日数を増やして信用度を上げることを意識するといいでしょう。
また、万が一審査に落ちてしまったら、すぐに別のところで借り入れを申し込むのは厳禁です。

ますます信用度を下げてしまいますので、そういった場合には半年程度期間を空けるのが賢明です。

 

無利息キャッシングの知識   

この記事に関連する記事一覧