無利息キャッシングJP~お金って利息なしで借りれるの?~

市役所でも借りられますが制度を利用できる人は少ないです

読了までの目安時間:約 2分

 

生活費が足らない・医療費が足らない・教育費が足らないなど、お金を借りたい理由は個人個人違えど、基本的には消費者金融や銀行からお金を借りるように世間の人は思っているので、市役所でお金を借りることを検討するのは、あくまでも消費者金融や銀行からの借り入れ条件を満たしていない人や、条件は満たしていたけれど審査で落ちてしまったので、頼るアテが完全にシャットアウトされた人などです。
市役所でお金を保証人要らずの無利息で借りられる制度として、生活福祉資金貸付制度が存在します。

 

どこの金融機関からも借り入れを拒否され、社会福祉協議会で定められた収入を下回る低所得者世帯、障害者と認められた人が保有する障害者手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳がある世帯、65歳以上の年齢の高齢者世帯でありながら、世帯収入を見られるので同居家族の収入を統括してどうかも判断されます。

 

なお上記の条件のどれかを満たす人でも、住所なしの住居がない人・失業保険を受給中であったり、生活福祉資金貸付制度を利用しなくても他の制度を利用したほうがいい人・多重債務者などは拒否されるそうです。
この制度を受けるまでの流れは、各窓口での相談で可能性があれば借り入れ申し込みの説明がされ、必要書類を記入・準備して提出して審査が通過するかどうかを待ち、審査に通れば借用書と印鑑証明書を提出して契約を結び交付となります。

 

相談・申請・審査・交付までに時間がかかるし条件がキツイので、すぐにお金を借りることは難しいところがデメリットな点だと感じます。

 

無利息キャッシングの知識   

この記事に関連する記事一覧