無利息キャッシングJP~お金って利息なしで借りれるの?~

生命保険を担保にお金を借りる注意点

読了までの目安時間:約 2分

 

積み立ててきた保険料から、解約返戻金の7~8割ほどの額まで保険会社からお金を借りることが出来る制度。
それが契約者貸付制度です。

 

利率が低く、返済の自由度が高いなどのメリットもありますが、契約者貸付制度にも注意点が幾つかあります。

まず前提として返戻金が担保になっているので、当然解約返戻金のない掛け捨て保険では利用できません。

 

加入している保険で契約者貸付制度が利用できるかは事前に確認しましょう。

返済期間は基本的に定められていませんが、元金に複利で利息がかかり続け、保険会社にもよりますが解約返戻金の9割を超えるほどになると保険が失効してしまいます。

 

これが実質的な返済期限と言えるかもしれません。
期限が特に決められていないからと放置すると、想像以上の額まで膨れ上がってしまう事もあります。

 

次に保険金の支払いがあった場合、その中から借りた額が返済に当てられてしまう点です。
大きな事故や病気の治療には高額なお金がかかり、その支払のための保険でもありますが、返済にお金を取られたせいで治療費が足りなくなる恐れもあります。

 

そして最後に、先にも触れましたが、放置しすぎると保険が失効します。
失効されてもすぐに全額返済できれば引き続き保険を利用できますが、返済できなかった場合はそのまま解約、当然解約金から返済する必要のある金額が差し引かれます。

 

キャッシング会社より利率がかなり低いので、お得にお金を借りられると思うかも知れませんが、保険金は文字通り命に関わるお金です。
注意点もしっかり理解して、本当に切羽詰った時の最後の手段として考えたほうが良いでしょう。

 

無利息キャッシングの知識   

この記事に関連する記事一覧